ゲーム部の道明寺晴翔は俺にとっては尊敬する人だった。

他のチャンネル状況に対してコメントとか記事を書くなど、影響されているなぁと感じる。これを書くのも誰向けなのかわからない。誰かが得するのかどうかわからない。あえて言えば、自分に向けてなのかな。だからまぁ、この記事はスルーしてくれた方が良いかもしれない。

開発部のおにちく
開発部のおにちく
だからまぁ、読みたい人だけ読んでくれ

 

開発部のおにちく
開発部のおにちく
開発部のおにちくだ。
ゲーム部の道明寺晴翔は僕にとっては尊敬する人だった。

Unlimitedの発表では、目指しているのは「キャラクターユーチューバー」と発表している。

なるほど、なかなかおもしろい発言であるな。公式の発表はこちらだ。文章もそのうち入れ替わるかもしれないがとりあえず今後のためにも事例は読んでおく必要があるだろう。ちなみに早速誰かがニコニコでアップしていたな。コメントの内容も凄まじいものだ。

「バーチャルさんは見ている」というアニメもあったが、アレに出ている時点でバーチャルという単語は切り離すことは難しいと思うのだが。

開発部のおにちく
開発部のおにちく
少し、僕がこの記事を書くことにいたった経緯を話したい。

僕はあまりVtuberのチャンネルを沢山みない。
一つのチャンネルを入念に見るタイプだ。

ご飯を食べながら、仕事の合間に。
いわゆるTVの代わりに流すものという感覚だ。

その中でも特に見ていたのがゲーム部プロジェクトだ

ミテミテProjectにもプロジェクトが入っているのはそのためだ。
ミライが明るいプロジェクトも勿論大好きさ。

そこで一番みていたのは、部長と道明寺晴翔の動画だ。

いくつかの動画内でゲーム部の動画編集は
道明寺晴翔がやっていると語っている。

それが本当ならすごい技術力だ。
動画編集能力は重要な要素なのだ

アニメやゲームのキャラと
Vtuberの違いを考えてみよう。

ゲーム部では「声優」という単語が多く使われる。
「声優」とはアニメに声を当てる人と仮定する(他にも仕事はある)

アニメでも「声優変更のお知らせ」についてはおおくの議論を呼ぶ。
ルパン三世もそうだったし、ロードス島戦記の時もそうだ

ドラえもんやサザエさんもそうだな。

それは、アニメキャラと声優とは「別物」という形だ
表に出ることもある、近年では声優が歌って踊るイベントも多い。

声優とはリアルワールドにに存在している人物で、
事務所に名前が乗っており、そこの仕事の一覧にも「○○のキャラ役」と出る。

だが、Vtuberの中の人は決して表に出てこない。
それは、Vtuberとは「中の人」という考え方がそもそも間違っているからだ。

Vtuberは「アバターだから」の一言につきる。

僕の持論としてだが

「Vtuber」は仮想現実に存在するリアルの人である

そこに「キャラ作り」が存在していたとしても
かなり素に近い存在だ。

Vtuberは「作られたアニメキャラ」という考えの人がいるが
それは視聴者というよりは「一般の人」に多い傾向だ

だが、ファンやVRChatに見ればそうではないと理解出来る。
アバターというのは「きぐるみ」ではなく、「化身」なのだ

化身、つまり・・・「自分だ」

アニメと違って声優のキャスト変更という概念がそもそも間違っている。

見た目が変わらないから中身入れ替えても問題は・・・
有るに決まっている

人間の皮をかぶった別のだれかが平然と
成りすましという形で存在することになるのだ。

アニメキャラと声優は「きぐるみ」と「中の人」

Vtuberは「本人の化身」

この違い・・・おわかりいただけただろうか。

ゲーム部では、「ドッキリ企画」というものが存在するし、ゲームのレート対戦やFPS実況などもある、あれは替えが効くレベルじゃない。声色は似せることができるしボイスチェンジャーでもなんとかなる、だがトークテンポやリズム、ニュアンスの部分で差が生まれる。それは親しい人やよく見ているファンほどすぐわかる。

Vtuberはアニメキャラじゃあ無いんだよ・・・素の芸能人に近いものなんだよ。

「海兵隊の鬼軍曹だ」
「俺、ちょっと恥ずかしいやつか・・・」
「俺がもっているのはAWMだぞ」
「少し巻くか」
「(サラダバースタンプ連打)」

あぁ、思い出すといっぱいあるな。

雑な日常アニメはシナリオや演出をとってしても、5分アニメとしてのエンターテイメント性は高かった。尻歩きの話は大好きだった。

最近でた、新声優になってからのフォートナイトの動画。あぁ、上手い、上手いね。もうまともに見れないのはなぜか、プレイしているのがそもそも別人(影武者)で実況している声優という形が頭に出てしまうのだ。

コメント欄には、王ではなく、爽やかな王子として出てほしかったというコメントが多い。運営さんはコメントを読んでいないのだろうか?

もしくは会社を潰したいのかもしれない。でも結局再生回数が10万超えてるからいいか~って感じなのかもしれない。まぁバッド評価が付きすぎて広告が外れたらどうなるのかな。

新声優の声は、とてもいい声だと思う。あれは今後アニメとして見るしかない。もうVtuberではなく企業が運営しているアニメの一つなんだろう。だったらキャラクターを作り直せばいいのに。ここあちゃんは声優の替えが聞かないから、ずっと続けていくんだろうな。

それでもまぁ・・・

・・・

・・・

・・・

居ないんだな・・・あの四人は。

・・・

・・・

・・・

開発部のおにちく
開発部のおにちく
あべのハルカスでイベントとかしてほしかったな・・・あの高笑いが大阪に響いたらさぞ楽しかったんだが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA